歯医者と虫歯による頭痛

虫歯になったら歯医者で治療をしますが、中にはそのままにしてしまう人もいます。

虫歯の自覚が有るなら、早めに歯医者で治しましょう。早い時期の虫歯であれば、歯医者での対応も簡単で済みます。治療方法もですが、虫歯はそのままにすると、体調に不調をもたらすことがあります。虫歯になったことで、頭痛を引き起こすこともあるのです。自分でも自覚するくらいの虫歯になってから、なんとなくこめかみが痛いとか、肩がこるようになったり、頭痛の頻度が高くなることもあります。

虫歯を治療しないでおくと、考えているよりも体にはダメージが与えられます。歯の痛みは強くなりますし、頭痛もひどくなって、最悪は生命に関わることさえあります。虫歯で頭が痛くなるのには理由があって、顎関節症による頭痛や緊張型頭痛、それに脳炎などによる頭痛などが考えられます。直接的な要因が虫歯というわけではないのですが、間接的な虫歯の影響を受けてしまうことで不調に現れやすくなります。

首のハリや肩こりは、虫歯の影響での緊張型頭痛です。首や肩の筋肉が緊張をしている状態ですから、対処としては血流を良くすることです。マッサージや、簡単なストレッチをすると、だいぶ肩や首は楽になります。いずれにせよ、頭痛のおおもとは、口の中で勢力を発揮してる虫歯にあります。忙しさをいいわけにはできない状態でもありますから、会社の帰りなど時間をつくり、近くの歯医者へ早く行くことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *