現在の歯医者は快適に通える工夫が施されている

大人になって歯医者にためらうのは、小さい頃のトラウマが関係しています。

昔は子供が動かないように診療台にネットでぐるぐる巻きにする歯医者があったり、治療で痛い思いをしたりという経験が大人になっても拭えないケースはあります。キーンという音と結び付けられやすいので、怖い場所になっています。しかしこの音は歯を削る音で、虫歯以外にも銀歯や入れ歯を調整する時にも鳴ります。音に恐怖心を抱く時は、入れ歯を作っていると考えれば良いです。

また最近は患者が心地よく通えるように、消毒液のような独特のニオイがしません。患者に使用した器具は洗浄して薬液に付けて滅菌しますが、薬液はほとんど無臭です。ニオイの原因は歯の神経を処理する時の薬品だとされ、そのニオイを好ましくないと考える歯科医師もいます。強いニオイの薬液を使わずにニオイの少ない薬液を代わりに使っていることが多いです。

現在は無痛治療が主流なので、以前より痛みが軽減されています。しかし痛みの感じ方には個人差があるので、痛いと感じたら左手を挙げて伝えます。治療中はしゃべることができないので、挙手によって意思表示します。右手は治療中の歯科医師の手に当たったり、見えなかったりするので、対角線上になる左手を使います。歯医者には多くの患者が通っているので、痛みや施術に不安があれば、予約の時に伝えるのが良いです。それぞれの患者に最適な施術方法を提案してもらい、悪化しなければ治療しなくても良い可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *