歯医者と銀歯が取れた際の対応

銀歯が外れてしまい、歯医者へすぐに行けない時には、銀歯を無くさないように保管しておくことが大切です。

やってしまいがちなのは、ティッシュに包んだのを忘れて、捨ててしまうケースです。その場合は再治療の時に、また銀歯を作り直すことになるので、数千円を支払うという損なことになります。歯医者へ行くまでの、自分で行う処置は意外と大切です。誤るとさらにサイズの大きい虫歯になることも考えられます。無事に歯医者へ行って付けてもらうまでは、歯磨きや食事にも気を付けないとなりません。

銀歯が外れたときの処置ですが、無くすか捨てるかの確率が大きくなります。小さな透明のタッパーに入れて、大切に保管をしましょう。自宅にある接着剤で無理につけるのは厳禁です。虫歯で取れたのなら、その箇所を治療する必要があります。その上で、再度銀歯を付けますから、無くさないようにしましょう。銀歯が取れる理由には色々ありますが、知覚過敏になっていることも考えられます。

非常に痛みに敏感ですから、食事では温度差の激しいメニューは控えましょう。ホットなメニューを口にしたあと、冷たいものを飲むなどすると、一瞬固まるくらい痛みを感じるので、絶対にやめましょう。銀歯の取れた歯の場所は、念入りに歯磨きをすることです。銀歯を詰めているということは、虫歯になって歯を削り、詰め物をしているということです。象牙質が露出しているので、健康な天然歯よりも虫歯になりやすいためです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *