歯医者で歯周病の時に使う薬

あまりにもひどい歯周病の治療を歯医者で行うと、薬を処方されることがあります。

かつては歯医者で使われるのは一時的に炎症を抑える薬でした。それまでは歯周病は細菌によって引き起こされるので、時間をかけて正しく歯磨きをしプラークを除去することで治すのが主流だったためです。しかし最近はひどくなった歯周病の原因が、カンジダ菌というカビの一種が歯茎や歯の表面に侵入することが分かっています。プラークもカンジダ菌が大部分を占めています。そこで歯医者では、歯周病嫌気性菌に抗菌力がある薬を処方しています。

ジスロマックは1日1回2錠を3日間服用すると強い抗菌作用が発揮される抗生物質です。ファゴザイトデリバリーという特殊な性質があり、カンジダ菌に感染した部分に集まって7日~14日間効果が持続します。副作用が少ないので使いやすいです。歯医者では事前に歯垢や歯石を取り除いて使用します。またファンギゾンシロップという薬もあります。これは元は歯周病ではなく、体内の消化管にカンジダ菌が繁殖した際に使っていました。

しかし消化管から吸収されることがほとんどないので、全身にカビが繁殖している時には効果がなく、歯周病には好都合です。歯磨きをしてシロップを口に入れます。シロップを含んだまま歯ブラシでまんべんなく行き渡らせ、うがいをせず30分間放置した後に飲み込みます。個人差がありますが、1週間続ければ歯茎の状態が良好になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *