歯医者のおすすめする歯ブラシ

歯ブラシなんて何を使っても同じだと思う人はいませんか。

しかし、そうでもありません。歯医者がおすすめする歯ブラシはあります。具体的な商品名を出すわけではありませんが、どういった形状の物か、歯ブラシの硬さなどは評価できます。例えば歯ブラシは真っ直ぐそろっている方が良いです。歯の表面や歯と歯の間に付着した歯石を掃除するためには、歯ブラシの毛先が歯茎と歯の間で寝ないで、しっかりと磨けるものを選びましょう。

歯と歯の間は歯ブラシで磨くより、歯間ブラシなどを利用することが一番のおすすめです。また毛先が細い歯ブラシは意外に歯磨きには向かないようです。こちらも上記同様に毛先が寝やすいからとのことです。硬さは普通が最もおすすめするようです。硬い歯ブラシでは歯茎を傷付けてしまう恐れがあり、また柔らかい歯ブラシではやはり毛先が寝やすいからです。

そして歯磨きをする時に奥の歯まできちんと磨けるように、ブラシ部分は小さなものを選ぶと良いでしょう。しかし、文面だけでは具体的にどのような歯ブラシを使ったらよいか悩むときには、自分が普段使っている歯ブラシを持って行き、歯医者に良いかどうかを評価してもらうことも良いかもしれません。また歯医者には、そこでおすすめする歯ブラシも売っていることが多いので、自分に合うものを一緒に選んでもらうことも一つの手段です。虫歯にならない、歯周病にならないためにも、普段から口腔内の環境に気を付けることは大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *