歯科医療でのセルフケア指導

小学校では歯科検診以外に歯磨き指導の時間がありますが、それ以降は自己流の歯磨きになり、長い間には磨ききれていないということがあります。

毎食後しっかり磨いているつもりでも歯の表面だけでは、虫歯になってしまい、歯と歯茎の間に歯垢、歯石が溜まってきます。歯茎から細菌が入り、歯周病の原因にもなります。角度をつけて歯と歯茎間の歯ブラシの当て方、またサイズの合った歯間ブラシやフロスの使い方指導を受けることによって虫歯や歯周病対策になります。

こういったセルフケア指導は痛みに困って歯科医療を受けるより大事なであり、説明が長くて患者が嫌気をさしてきても、根気よく教えて下さる姿勢は患者思いの歯科医です。根の治療になると治療期間が長くなってしまうのは仕方ありませんが、治療を受けに来て欲しいだけの歯科医はその場しのぎの治療で、詰めたものがすぐとれたり、長い期間通わされることになります。銀歯でも自分の歯であれば、まだいいでしょう。

どうしても抜かなくてはいけなくなった歯にブリッジしたり、入れ歯を入れるようになると噛み合わせが悪くなったり、食事が億劫になります。歯の痛みがひどいと食べれない、眠れなくなり体力が落ちてきます。また出産をした後や、体が弱っている時にも歯の調子が悪くなるものです。歯は体全体に影響を及ぼすものですので大人になっても再度“磨き方指導”を受ける機会があると、歯医者さんへの通院がぐんと減るでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *