歯科における分野のいろいろ

歯科は4つの看板を掲げることができます。

口腔外科――舌のがんや不自然な生え方をした親不知(智歯)の抜歯、アゴの骨折など手術にかかわる分野で、一番の技術を必要とします。矯正歯科――歯並びや出っ歯など歯の不自然な並び方を矯正する分野で、この分野だけを専門にした歯科医は少なくないです。小児歯科――子どもや赤ちゃんの歯を専門的に診る分野です。一般歯科――いわゆるむし歯や予防といった一般的な治療をする分野で、これがほとんどだと思います。

以上4つの分野を紹介しましたが、大学病院では、さらに細かく分類され、保存科、放射線科等に分けてありますが、この分野は大学教育の中でのことですので、実際の医院では掲げることはできません。現在では、とにかくむし歯の発生率を下げるために、国内では予防を重点にしています。衛生士さんが一般人を対象にした講習会でむし歯予防についてお話して、むし歯予防についての意識向上をすすめています。

国民のむし歯予防の意識高まりを受けて、年々むし歯の罹患率は減少気味になっています。減少気味になることで、医療費を抑えることができるため、国としてはさらなる意識向上を目指しています。技術的な発展として、インプラントを専門にした医師が増えています。人工歯を植え付けることで自然な歯の状態に戻すことです。需要を見込んだためか、これを専門にする医師が増えつつあります。今後は予防やインプラントの専門医が増えていくだろう、と厚生労働省は想定しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *