歯科医院で痛くない麻酔

虫歯の治療をしたいと思っていても、治療の痛みが怖くて歯医者に行く事が出来ない人もいると思います。

しかし虫歯を放っておくと他の歯まで虫歯にしてしまう可能性があるので、分かった時点でいち早く治療をする必要があります。虫歯の治療では麻酔をする歯科医院がほとんどだと思いますが、この麻酔の注射さえ怖くて嫌だと思う人も意外と多い様です。最近では麻酔をする前に麻酔をする歯科医院も多くなってきています。麻酔注射をする部分に塗り薬の麻酔薬を塗るので、注射のチクッとした感じを最小限まで無くする事が出来ます。

また塗り薬の麻酔の温度を体温に近いものにする事で効き目が更に良くなる様です。そして本来の麻酔注射のハリを極細にする事でほぼ痛みを感じる事がありません。虫歯の治療は身体全体に響く様な痛みがあるので、これらの痛みを感じないで治療をする事が出来れば、歯医者が怖くて行かない人を減らす事が出来ると思います。また最近の麻酔は以前にも増して安全性が高くなっているので、妊娠中や授乳中の女性でも使用する事が出来ます。ほとんどの歯科医院で治療前に問診票の記入やどの様な治療をしたいか等のカウンセリングを行っているので、治療や痛みが怖い事を最初に伝えた方が良いと思います。

治療後は口内が痺れているので口内を噛みやすかったりやけどをしやすくなるので、3時間くらいは飲食を控える事をお勧めします。まずはどの様な麻酔をしているか電話等で問い合わせてみて下さい。
渋谷の歯科のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *