歯科医師になるためには

今の時代では、かなりたくさんの歯科医院があります。

その数はコンビニエンスストアを超えるともいわれており、歯医者のむかえに歯医者があったり、歯医者の隣に歯医者というロケーションというのは、よく見ることも有るくらいになりました。歯医者が多くなってしまった理由としては、過去に一時期大学の歯学部を増設してしまったために、数多くの歯学部ができてしまって、需要以上に歯科医師が増えてしまったためにこのような状況になってしまったともいわれます。

しかし、現状では国家試験の難易度を上げるなど、少しずつ難化するなど、方向転換がなされるような流れになりつつあります。それでは、どのようにすれば歯科医師になれるのでしょうか。まずは大学に進学するときには歯学部を受験することから始めることになります。大学の歯学部は国公立や私立など、たくさんの大学があります。国公立はある程度の偏差値になるために勉強をかなりする必要があります。また、私立の歯学部では東歯や日歯、日大歯などの大学が良く知られているのですが、私立は高額の学費がかかります。

ですから、その学費が必要になるのです。歯学部というのは、6年間学ぶことになります。実習や実験などもありますし、中には解剖などのカリキュラムにあるので、かなりハードになります。そして卒業するころに国家試験を受験することになりますが、合格できてもその後1年間の研修医期間があります。それを経て、やっと歯科医師として働くことができるようになるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *