歯科医院で行われている治療

歯科医院は虫歯を治す場所だと思い込んでいませんか。

確かに、虫歯治療は大切な治療です。虫歯は放置しておくと、どんどん進んでしまうために、きちんとした治療を必要とします。小さな虫歯は削ってその日のうちに樹脂を詰めることができますが、大きな虫歯では銀歯になり、さらにひどくなると歯の神経を取らなければいけません。できるだけ早い段階で治療を受けることが、歯を残すことにつながります。

そして、国民の80%以上がかかっていると言われている歯周病も自然には治らない歯科の病気です。初期は歯茎が腫れているだけですが、だんだん歯を支える骨がなくなっていき、歯が抜けてしまいます。歯石など歯の汚れを取り除く治療が行われますが、自宅での歯磨きも重要になるので、歯磨き指導が欠かすことができません。虫歯や歯周病で、もう残せないと判断されると、抜歯をします。麻酔をしてから行うので、治療中に痛みを感じることはありません。前歯から親知らずのような奥歯まで、様々な部位の歯を抜くことができます。

乳歯が生えたまま、永久歯が生えてきた場合などは、乳歯を抜くこともあります。そして、永久歯が抜けてしまうと、もう二度と人間の歯は生えてきません。歯科医院では、入れ歯やインプラントなどで失った噛む機能を助ける治療を行っています。歯がなくなってしまうと、見た目が悪いばかりか、発音などにも影響が出てしまいます。定期的に歯科医院へ行き、悪くなる前に予防するという考え方が主流になっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *