歯科医師の勤務スタイル

町の歯医者と言うと、一人の歯医者で管理運営している個人経営のクリニックをイメージする人が少なくありません。

しかしながら近年ではその様な個人経営の歯科医院ではなく、複数の歯科医師が集まって経営をするスタイルの新しい歯医者が増えてきています。地方においてはまだまだ個人での独立開業医が多い傾向にありますが、需要が飽和状態を迎えつつある都市部においては、より効果的に患者を集めるためにサービス向上の手段として複数の医師によるクリニックの経営が行われるようになってきています。

個人経営の歯医者に比べてメリットが出せる点としては、異なる専門分野を持つ歯科医師が集まることによって幅広い治療を提供することが出来る場になるという点があります。また診療可能な時間に関しても延長させることが出来るようになり、利用者にとっては魅力的に映ります。個人経営では体力的にも夕方17時までの対応が精一杯であるということも少なくありませんが、複数の歯科医師を抱えている場合には交代制で夜10時までの対応も不可能ではありません。

都市部においては仕事帰りのサラリーマン需要もありますので夜間診療のニーズがあることもしっかり関係しています。個人の独立開業は零細企業の設立と同じような規模で資金需要が必要になります。失敗が許されない投資でもある一方で競合が加速している状況もあります。そのため複数の歯科医師による共同経営というスタイルが、今後ますます発展していくことが予想されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *