痛みのない歯科治療について

子供の頃に歯科医院で虫歯を削られた恐怖は、大人になってもなかなか消えるものではありません。

できれば行きたくない場所と思ってしまいますが、虫歯や歯周病は放置しているとどんどん悪化してしまいます。できるだけ早く治療を受けることで、虫歯を小さなうちに治すことができ、治療回数も短くて済みます。痛い場所というイメージがある歯科医院ですが、最近は無痛治療を行う先生も増えています。無痛治療とは、その名の通り痛みのない治療のことで、痛いのが当たり前だという考え方とは異なります。痛みを感じさせないために、麻酔があります。ただ、麻酔の注射に痛みを感じてしまうこともありました。

器具などの開発により、注射をする前に歯茎をしびれさせるジェルを塗ったり、テープを貼ることで針が入る痛みを感じさせない方法が登場しました。針もできるだけ細いものが選ばれたり、電動の麻酔器で一定の速度で注射液を入れるので痛みを感じにくくなりました。針のない麻酔もあり、ジェット噴流を使って麻酔をかけることもできるようになりました。歯科で欠かせない、歯を削る道具も、ドリルではなく、レーザーなど音や振動がしないものがあります。

できるだけ削らない、抜かない治療をすることも痛みのない治療につながります。精神的な影響も大きいので、患者さんにどういう治療をするのかをあらかじめ説明するカウンセリングも重要視されています。少しでも快適に治療できるように、アロマやDVDを流す歯科医院もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *