歯科では理想的な治療を

健康保険は3割負担でも海外に比べると、かなり安い値段で治療ができるとても素晴らしいシステムです。

日本人は歯科の治療で安く治療ができるのであまり歯の健康について、無頓着な人が増えてきました。しかし最近子供のころから矯正歯科で歯並びを治したり、審美歯科で虫歯の歯でも白い詰め物、かぶせ物をして歯の見た目を気にする人が増えてきました。歯がきれいであったり、見た目がきれいであることはメンタル的にも、体の機能を維持するにも大切なことです。笑ったとき白くてきれいな歯が見えると安心感を持つし、自分でも笑顔に自信が持て気持ちも明るくなってきます。気持ちが明るくなれば前向きに考えられるし、精神的ストレスも感じにくくなります。

しかし銀歯だらけの歯を見ると、気分が沈み笑うことにも自信が持てなくなります。そうすると気分が沈み、下手したらうつ病っぽく感じるかもしれません。さらに歯並びがいいと食事のときよく噛んで食べることができるので、内臓に負担をかけることがありません。たとえば受け口のような人が、無理に物をかんで食べると顎がずれたり、顎が疲れたりします。

そのまま歯の矯正もせず放置すれば、顎のずれが体全体のずれに波及し、不定愁訴を感じるようになります。歯の見た目、健康というのはただ単に安く治療すればいいというものではなく、最近では質を気にする人が増えてきました。そのニーズに歯医者さんも応えてくれるようになり、自分の理想的な治療をしてくれる歯医者さんを選ぶことも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *