自己脱毛をすると脇のニオイがきつくなるのは本当か

自分での脇のムダ毛脱毛することで、ワキ臭がきつくなるというのは、本当のことなのでしょうか。夏には発汗が多くなりますし、露出度の多い服装にもなるので、脇も腕もムダ毛の自己脱毛をするのは、頻度としても多くなってきます。



でも自己脱毛を時間をかけてしているのですから、それでニオイがきつくなっては困ります。


人間の脇の臭いニオイと言いますのは、その根本にあるのは、細菌と雑菌のゴールデンコンビにおける働きにあります。
だからワキガであっても、その根本的要因は同じものとなるのです。

脇毛に分泌物と汗の付着からはじまるのがワキガであり、環境がおととい雑菌が勢いよく繁殖をするために、周囲にもわかるほどの強烈なニオイを発生させます。



腋臭はセルフのムダ毛処理の失敗が発端で、皮膚に傷がついてしまい、細菌と雑菌の侵入があって、嫌なニオイを放出させることとなります。



セルフ処理でのワキ臭がひどくなる現象と申しますのは、薬剤やカミソリ処理で皮膚に傷がつくことで、引きおこるというつながりがあるのです。

ボディのどのパーツよりも毛は濃いものですし、脇毛は成長も早い腕に立派な毛が英ぞろいをしていて、処理は頻繁にもなりますし、刺激での皮膚への負担はひどくなるばかりです。

だからセルフでの処理で皮膚への刺激を与えることで、嫌なニオイを発生させてしまう環境を、自ら作り上げるということになってしまうのです。脇の皮膚に、傷がつかないようにお手入れをしてあげましょう。