衛生上の脱毛の必要性は

現在、男女ともにムダ毛の代表といえば、腋毛とアンダーヘアです。これらは世界的にみるとj、先進国のほとんどが完全の脱毛しているほうが多く、なぜ生えているのかの必要性すらも疑問だと考える一般生活者も多いでしょう。



日本においても腋毛はほとんどの女性が手入れをしていますし、アンダーヘアについても脱毛への関心が高まっています。



これらの毛は、衣類がなく、体が毛におおわれていたころの名残です。

子孫繁栄のためにはセックスアピールが必要なのですが。アンダーヘアのあたりや脇などから、それらのホルモンが盛んに分泌されていました。

毛はそのようなホルモンを蒸発させ、拡散させる役目がありました。

他の毛は紫外線から守ったり、暑さや寒さに対応するために必要だったのですが、それらは衣服を身にまとうことによって、必要性がなくなり、退化してゆきました。しかし子孫繁栄にかかわる部分については、大切に残ったのです。

しかし衣類を着ていることによって、いるを着ていなかった時期よりも蒸れて金も繁殖してしまいます。



かえって清潔に保つことが難しくなりました。

またセックスアピールも嗅覚から視覚に代わってゆきましたので、においも「ただの不快なにおい」になってしまいました。

このような点からみて、すでにアンダーヘアや腋毛の必要性は薄く、脱毛しても差支えがないばかりか、現代のライフスタイルにおいては衛生上も脱毛が望ましいということになるのです。